« 恒例(?)ギフト解体セール | トップページ | 夜のスポーツクラブ »

あれから10年・・・

阪神大震災から10年。神戸を中心とした震災を受けた地域の方々は、今日1日どういう思いでいるのでしょうか?

10年前の今日、地震が起きた第一報を布団の中で聞きました。
時間が経つにつれて「大惨事になる」という報道が飛び交い、仕事に行く時間直前までTVに釘付けでした。
その頃インターネットはまだ普及していなかったので、昼休みにTVのニュースを聞きに仕事場の食堂へ。十数人がTVに釘付けで震災情報を見ていました。その後状況が明確になっていくにつれて、当時勤めていた会社の支社、お客さん・・・など「対応に追われる」部隊が増えてきました。
ワタシ自身、震災の起きる前に数回神戸に行っていますが、その後は1度訪れただけで、震災前の観光地の1つだった異人館、ポートピアがどうなってしまったのか、今でも気にかけています。
本来なら昨日、1昨日と神戸で震災記念のウォーキング大会に参加したかったのですが、残念ながら津軽海峡を渡ることが出来ませんでした。

昨年、新潟中越地震の余波を埼玉の実家で体験しました。その時には、1時間近く数回も地震が起きたので、ワタシの両親とともに1時間以上その場を立つことが出来ませんでした。
今、どこにいても震度5以上の自身が送る可能性を持っています。地震に対する備えを心がけなくては・・と、改めて考えさせられた1日でした。

震災のことは、10年経っても、20年経っても、きっと心の中に残ることでしょう。
「がんばろう神戸」と言う言葉が、今でも心の中に刻まれています。

|

« 恒例(?)ギフト解体セール | トップページ | 夜のスポーツクラブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。