« 回転寿司 | トップページ | 久々のミスド »

不携帯電話

今朝、最寄の駅に着いた時に、携帯電話を忘れてきたことに気が付きました。
家に引き返すことは出来ず、そのまま職場へ。しかも、今日は仕事が終わったあとにスポーツクラブへ行くことになっており、スポーツクラブが終わったあとでダンナと待ち合わせということになっていました。
ダンナの携帯番号は覚えていたので、仕事に入る前に電話をしたところ「お話し中」。仕方なく、1時間後トイレに行った際に電話をすることに。
1時間後、電話は通じたものの留守電。「携帯忘れたから、時間を見てまた電話します。」とメッセージを入れる。
お昼休み、再度ダンナの携帯に電話したところ全然出ない!仕事が忙しいかと思って、昼休みに公衆電話に2往復して電話したものの、全然出ない。仕方なく、帰り際にもう一度電話することにしました。
そして、午後4時過ぎ。やっとダンナの携帯に繋がりました。でも、喋ったのはたった30秒。料金は30円。。

結局、仕事が終わって家に戻って携帯電話を取りに行ってから、スポーツクラブに行くことにしました。

スポーツクラブが終わって、ダンナと再会。そして開口一番「ごめーん。昼休み背広のポケットの中に携帯電話を入れたままメシを食いに行っていた!」とのこと。
これを聞いて、怒り爆発のはずが、すっかり気が抜けてしまいました。。

|

« 回転寿司 | トップページ | 久々のミスド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は自分の携帯番号さえ覚えていません。
自分の番号もパパや子どもたちのも念のために手帳に控えてはあるのですが、出掛ける時にさえ忘れることがあります。
念のためが聞いてあきれますね。

投稿: 竹樋さんチのママ | 2005/03/03 00:22

ダンナの携帯番号はなんとなく覚えておりましたので、緊急事態が起きても電話をかけることが出来ます。但し、勤め先の電話番号はすっかり忘れております。。

ダンナは時々携帯電話を背広に入れたまま席を離れてしまうが多いようです。かと思うと、カメラバックに入れたままとかマナーモードにしたままの状態も多いようです。
人のことが言えませんが、ワタシも時々カバンに入れたままで出なかったことがあるようです。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2005/03/06 23:08

この記事へのコメントは終了しました。

« 回転寿司 | トップページ | 久々のミスド »