« ELO買ってしまいました! | トップページ | 大通公園ビアガーデンPART2 »

パン屋の閉店

我が家の近くのパン屋(HOKUO)が先月末閉店しました。
このパン屋さんは工場直送のパンが中心で、この店で焼いて並べているパンは全くなかったようです。それに、3年前から昨年まで一部商品(菓子パン)を通常料金の半額で売り、その他の商品は通常料金の20%~30%で売っていました。
札幌中心部(札幌駅近辺、大通駅近辺)では「焼きたて、出来立て」のパン屋さんが増えてきており、人気商品が焼き上げると行列が出来てあっと言う間に売り切れるほどです。このHOKUOも札幌駅近辺、大通駅近辺に店があり、この2店は特に空いているという状況ではないようです。
しかしながら、我が家の近くのHOKUOでは焼きたてパンがない、今年からパンの値引きが減ってしまった・・・などの事情に加え、近くにミスド(ミスタードーナツ)があるので、出来たてのドーナツを買い求める客が多い(ミスドでは時々105円セールをやっているので、その時には長蛇の列が出来ることが多い)の為に、開店した時より売れなくなったのでは?と思っています。
閉店セールや閉店予告がなく、突然の閉店の張り紙を見て立ち止まる人が今でもいるようです。
やはりパンは「焼きたて、出来たて」が人気があるのでしょうか?
皆さんのお住まいのところではどうですか?

|

« ELO買ってしまいました! | トップページ | 大通公園ビアガーデンPART2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。