« 豊平川沿いでジンギスカン2005 | トップページ | 秋晴れの中のウォーキング »

料理の研究??

最近、ワンパターン料理に飽きてきたので、ちょっとアレンジしようと思ってこんなことをしてみました。
さんまを輪切りにしてフライパンで焼いてみる。
さんまの頭と尾を切り落とし、内臓を出して洗い、5センチほどに切って、油を引いたフライパンで焼くというもの。焼いたさんまに大根おろしを添え、味ぽんをつけて食べると言うものです。
上記の通りに作ってみて夕食に出したところ、ダンナにこんなことを言われました。
「オイ、さんまの骨は?」と聞かれ、「あーーーー。取るのを忘れた!」
ということで、食べながら骨をとっていくという始末に。

3年前にスーパーでもらってきたレシピ集を基に作ったのですが、このレシピにもさんまの骨の処理方法が書いていなかったのです。
後になって、ダンナが「努力は認めるけど、さんまの骨を丁寧にとるか、あとは蒸し焼きにして煮物にするのが一番かもしれないよ。」とのコメント。「次回は、努力してみます。」ということに。
やはり、さんまは、オープンで塩焼きにするが一番楽です。。

|

« 豊平川沿いでジンギスカン2005 | トップページ | 秋晴れの中のウォーキング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

エ~ッ、サンマって骨をとりながら食べる・・でいいんじゃないの?我が家は半分にしてグリルでも焼きますが、フライパンに油をひかずに焼きます。
フライパンをしっかりあたためるのがミソ。
頭と内臓も取ります。
大人になった今でもサンマの内臓の美味しさ?はわかりません。
私もおろしをたっぷり添えて味ポンで・・・。
「味ポン」は優れものでありますね。
焼肉、鍋の他にドレッシングとしても使います。

投稿: 竹樋さんチのママ | 2005/09/10 23:01

ママさん、フォローありがとうございます。
確かに、フライパンに油をひかないで焼くのもいいですね。
確か、サンマを焼いていると油が多くなってくるようです??

「味ぽん」は一番小さいビンを買ってしまったので、使い道が多いと、すぐなくなってしまうようです。
天つゆの代わりに味ぽんを使うことができるようですし。。
時間のある時に、調味料についても研究したいと思ってます。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2005/09/12 22:56

この記事へのコメントは終了しました。

« 豊平川沿いでジンギスカン2005 | トップページ | 秋晴れの中のウォーキング »