« 初雪 | トップページ | 20年ぶりのNHKホール »

Airdoの機内

午前中の飛行機で、無事東京に到着しました。
到着後御茶ノ水の日本ウォーキングセンターに行き、IVV距離と参加回数の認定を受け、その後実家に荷物を置きに。夜NHKホール(渋谷)でチューリップのコンサートに出かけるので、夕方までしばし実家で休憩です。

今回の行きは、Airdoに乗りました。Airdoは座席の空間が狭い、サービスが最低限と聞いていたので、羽田までの間寝ていこうと気楽に搭乗しました。
離陸前に毛布を頼んだら、毛布を貸してくれました。
離陸後30分ほどで飲み物サービスがありました。無料での飲み物はコーヒー、スープ、麦茶、りんごジュースの中から選択。他に有料でビールや白い恋人チョコレートドリンクなど、メイドインHokkaidoの飲み物があります。
朝だったので、すかさず「コーヒー」を注文。UCCスポンサーの紙コップでのサービスでした。
コーヒーを飲んだので、その後羽田までは眠ることが出来ず、搭乗前に持ち込んだ新聞(北海道新聞)を読む。尚、機内ではANA機内誌「翼の王国」を読むことも出来ます。但し、読み終わったら客室乗務員に言って読み物を交換するというシステム。その為、ANA機内誌「翼の王国」を頼んだところ、新品に近い物を持ってきてくれました。
ゴミの自主回収、新聞、雑誌の交換などチト面倒な部分もありますが、座ったシートは数年前に載ったANAのエコノミークラスと同じ(?)座席でした。
「1時間半で降りるのだったら、Airdoでも充分だ。」と思いながら、無事羽田に到着。

但し、飛行機は第2ターミナルの一番奥についたため、到着出口まで約10分近く歩かされることに。途中トイレに立ち寄って、手荷物引渡し口についた時には、既に荷物がターンテーブルを廻っておりました。。。

|

« 初雪 | トップページ | 20年ぶりのNHKホール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。