« 上半身デブ | トップページ | ツルツル注意報 »

シュレッター

今の派遣先での残務仕事を始めました。
紙に印刷した書類が多く、不要なものはシュレッターで処分することにしています。
ところが、この派遣先のシュレッターはタダモノではない!

裁断口に紙を当てると、自動的に機械が動いて裁断されるのですが、どうも調子が悪い。何度も紙を当てても、進んでいかないのです。
このシュレッターには「正常」と「逆転」の2種類のボタンがあって、「逆転」のボタンを30秒近く押して、そして紙を当てると進んでいくことがわかりました。それでも進まない時には、「逆転」のボタンを30秒ほど押した後「正常」のボタンを押すと、なんとか進んでいくのです。
しかも、1回に裁断できる枚数は4枚
10秒近く紙を入れないと自動的に止まってしまうので、20枚近くの処分するものがあると、格闘状態となってます。おまけに紙詰まりとなると赤ランプと警告音が。。。

こんな調子で、処分する紙(今まで50枚近く)をせっせとシュレッターにかけてます。
ところが、本日の午後シュレッターを書けた後にトイレに行ったところ、警告音が鳴ってしまいました。
トイレから出てきた後、社員の人が慌てて直しており、あげくの果てには説明書を読みながら「修理に出した方がいいと思いますが・・。」と話している状態。
残り数十枚処分することにしているのですが、少々使いづらくなってきた次第です。。

|

« 上半身デブ | トップページ | ツルツル注意報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。