« なかなか進まず・・・ | トップページ | 必死。。。 »

小さな節分

二ヶ月ぶりに、昼間のパソコン教室に行きました。
1月が3回の受講だったので、今日は1月分の残り1回と併せて2時間のレッスンを受けました。

1時間目のレッスンの終了間近、突然「きょうは節分でーす!」と言いながら、託児室の子供たちと保母さんが突然教室に入ってきました。
そして、子供のお母さんに向かっておには~そと!と言って、豆の代わりに小袋のお菓子を投げていきました。子供は全部で4人。0歳の赤ちゃんから2,3歳の男の子まで、鬼のお面をかぶっていました。
突然の訪問で先生、生徒ともびっくり。5分近く教室がなごやかな雰囲気になったのでした。

我が家でも節分と言うことで恵方巻きを買ってきたのですが、ダンナの帰りが遅い!
ダンナが帰ってきた途端、おには~そと!と言って、思い切り豆を投げた次第でした。。

|

« なかなか進まず・・・ | トップページ | 必死。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は仕事先でちゃんと太巻き寿司を恵方に向って丸齧りいたしました。無言で・・・というのは所詮無理な話。
でもこれって何時からこんな丸齧りなんてやっているうんだろう?
関西のほうから伝わってきた、という話も聞きました。

年の分だけ食べるという豆もそろそろきつくなってくるなあ。
のりちゃんはちゃんと豆の数は数えて食べましたか?

投稿: 竹樋さんチのママ | 2006/02/04 23:26

こんばんわ。節分に豆まきそして、年の数プラス1個多めに食べるのが、関西ではというより、実家では食べていましたよ。多い方がまだいいかなぁ。食べることが大すきですもの。お皿に各自それぞれの年齢プラス1個含んだ豆を分けて食卓におきます。勤務先と、自宅とそれぞれに年の分だけ食べました。合計は百・・・です。

投稿: トミコ | 2006/02/07 01:14

ママさん、トミコさん 書き込みありがとうございます。

ワタシの生まれ育った関東では「年の数だけ豆を食べる」風習が未だに存在しております。
ですから、家族で豆まきをしていた頃にはちゃんと年の数だけ豆を数えて食べていましたが、節分当日のうちに豆が全部なくならなかったので、節分の次の日(以降)に適当に豆を食べていた状態です。
「自分の年プラス1の豆を食べる」と言うのが食べ過ぎなくて良い状態なのかな・・・とも思ってます。

恵方巻は、関西が発祥地でしょうか?初めて聞きました。
3,4年前からスーパーなどで盛んに宣伝していたので、どこかのお店で発案したのかと思っておりました。。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2006/02/07 17:36

この記事へのコメントは終了しました。

« なかなか進まず・・・ | トップページ | 必死。。。 »