« 代替手段 | トップページ | ウォーキングの仲間たちへ »

吉田拓郎とかぐや姫

NHK総合のプレミアム10で「今日までそして明日から ~吉田拓郎・歌い続ける60歳」が放送されました。
内容は、9月23日に行われたコンサート吉田拓郎&かぐや姫 / ~Forever Young~Concert in つま恋2 の内容を中心に、31年前(1975年)のコンサートの模様やこのコンサートに集まった方々のインタビューなどが織り込まれています。

ワタシ自身、31年前は小学生。その時は吉田拓郎、かぐや姫の音楽をリアルタイムに聴いていなかったです。
おそらく、かぐや姫の代表曲「神田川」はリアルタイムでラジオなどで聞いていた(と記憶してます。)
その後、高校時代に軽音楽部というクラブに入って、その時一緒に組んだバンド(女の子ばかりのフォークバンドでした)時に、初めてかぐや姫の曲を色々聴かされ、バンドで歌いました。「妹」、「赤ちょうちん」、「アビーロードの街」、「22歳の別れ」・・・。
ですから、今日の番組で一番懐かしかったのが、かぐや姫の歌かもしれません。

吉田拓郎の曲も知らなかったのではなく、「今日までそして明日から」「結婚しようよ」「夏休み」という曲は、どこかで耳にしていて、少しは口ずさめる曲です。

最近の曲は歌詞やリズムが難しくて覚えられないものが多いのですが、20年~30年前に流行った曲は、自然と体に覚えているようです。
「オレも見るぞー」と言いながら、ダンナは終始居眠りでした。。

|

« 代替手段 | トップページ | ウォーキングの仲間たちへ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。