« 寝正月ダイヤ | トップページ | 旭川での初詣 »

日本橋三越特別食堂

東京を離れる日(1月2日)の昼食は、ワタシの両親とダンナの4人で日本橋三越特別食堂へ。
この食堂はワタシの母のお気に入りの店であり、常連さんとしての顔が出来ております。年配の方を中心に人気があり、受付して席を案内されるまでこの日は1時間待ち。待ち時間を利用して地下食料品売り場でお土産を買いこんでも”余裕”でした。

席に案内されると、ワタシの両親は「うな重!」と、既に食べるものが決まってました。
メニューを見ると食べたいものが山々なのですが、ステーキ6000円、オススメ料理(コースもの)3150円、お寿司3000円~4000円・・・とお高いモノばかり
しかも席に着いたのが午後3時近くだったので「値段と相談の上軽いものを・・・」ということで、ダンナは天重、ワタシはハンバーグステーキ(いづれも2000円前後)を注文。20070102_1009 20070102_1008

ハンバーグステーキは、ここ数年ファミリーレストランのものを中心に食べていたため、ハンバーグといいドミグラスソースはホンモノの味
元旦の次の日に入店だったので、写真の通り橋袋は今年の干支であるイノシシの絵が入ったエンギ物。思わずお土産に。

食事が終わって席を離れたとき、母がいつも顔合わせる店員さんを見つけて「ワタシの娘です。これから札幌に帰るのですよ!」と何人にも同じことを言ったので、ハズカシイ顔をしながら挨拶しました。。

今回の滞在中、日本橋で食事する機会が多かったので、日本橋という町が少々好きになりました。といっても、行った場所は母のお気に入りの場所ばかり。
今度上京した時、時間が出来れば日本橋の町歩き(ブラブラ歩き)をしたいなぁ・・・と、思っています。
財布のヒモは結構硬いですが!

|

« 寝正月ダイヤ | トップページ | 旭川での初詣 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。