« 札幌市電ノスタルジー | トップページ | 甲子園応援合戦! »

70年代フォークの再現

撮り溜めしていたビデオをDVD化に準備しながら、思わず口ずさんでいます。

1本は2年ほど前に放送されたミュージックフェアー21という番組での70年代フォークソング名曲集。南こうせつ、谷村新司、さだまさしの3人が70年代の歌をギターで弾きながらでのスタジオライブ。2夜連続だったのですが、録画したのが第2夜のみ。
「風」「さらば青春」「いちご白書をもう一度」「酒と泪と男と女」「我が良き友よ」と続き、持ち歌「冬の稲妻」「精霊流し」「神田川」が入り、「あの素晴らしい愛をもう一度」でエンディング。
日本のニューミュージック界を代表する3人のアーティストの競演、しかもギターを持って3人で歌う姿は2度と見られないと思ったほどでした。

2日前には昨年NHKで放送された吉田拓郎、かぐや姫の20年ぶりのつま恋コンサートをずーっと見てました。
コンサートは1部、2部と放送されたものの、録画したのは2部(コンサートでは4部、5部)のみ。それでもかぐや姫の「うちのお父さん」「神田川」、吉田拓郎の歌を聞くことが出来、吉田拓郎の「今日までそして明日から」は、じーんと心に残りました。

NHKでは、来週SONGSという番組で2週にわたってチューリップの特集が。5月に入ると、プレミアム10で「一夜限りのトーク&ライブ 谷村新司&南こうせつ+坂崎幸之助」が放送されます。
約2年の間に200巻近くのビデオを整理し、100本近くまで減らしました。が、ここ数週間で録画したい番組が続々。
ビデオテープを繰り返し録画・・・という事態がしばらく続くことに。(ビデオテープがノビノビになってしまいそうです??)

|

« 札幌市電ノスタルジー | トップページ | 甲子園応援合戦! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。