« やっとゴールドJackPot | トップページ | 塀の中の盆踊り »

急患

夕食後、ダンナが急に歯が痛むと言い出し、行きつけの歯医者に電話したところ、先生がいるということで急いで歯科へ。
ダンナの行きつけの歯科は旭川駅前にあり、我が家からは車で約20分。「運転は何とかできる」と言ったので、ダンナの運転で付き添いに。

受付終了後1時間にもかかわらず、歯科内はスタッフが数人残っていましたが、受付には人がおらず、しばらくたって「あのぉ、先ほど電話した者ですが」と告げると「しばらくお待ち下さい。」と了解していたようです。
その後、治療の為ダンナは診察室へ。約20分で治療は終わりました。
「痛み止めを歯に詰めた」ということで一安心。本人もホッとした顔。

結婚後、ダンナ、ワタシ共に時間外診療にお世話になっています。旭川に転居してからはこれが初めて。
ワタシは今のところ、旭川では時間外診療にお世話になっていないのですが、旭川では時間外診療制度(夜間・休日当番医)はあるものの、札幌と違って一部の診療科目しかやっていないようです。
もしワタシが急にガマンできない病気になった場合、今の行きつけの病院(我が家から車で約40分の大病院)まで行くことになるのですが、そこで受け入れてもらえるのか?少々不安です。
独身の時、3度も急患で病院に駆け混んだ経験があり(その後手術でなんとかしのいでいる)、その頃から比べると、今はとりあえず良好です。
3ヶ月に1度定期健診を受けていますが「次の定期健診の時までなんとか持って欲しい」と、心の中では常に思ってます。

と書いているうちに、「痛み止めが効いてきたぁ~!」といつものダンナに戻ってきました。
阪神が勝ったのが特効薬だったのかもしれません。ちなみにGIANTSはハマのおじさんに手も足も出なかったようです。。

|

« やっとゴールドJackPot | トップページ | 塀の中の盆踊り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。