« 週末は温泉 | トップページ | しろくまタイムズスクエア »

いくらの醤油漬け

毎年、この時期になると必ず食べるモノがあります。
さんま、秋鮭、そして、いくらの醤油漬け

今までいくらの醤油漬けは、ダンナのお母さんから毎年”おすそわけ”で頂いていて、作り方は1度教えてもらったものの、自分で作った記憶がない状況でした。
ところが、一昨日の新聞の折込チラシに「簡単に出来るいくらの醤油漬け」というモノを見つけ、「これだったらワタシでも出来る!」と。
そして、スーパーに行ったところ、折込チラシとほぼ同量の筋子があったので早速購入。「失敗しても自分で食べる」目的で早速作りました。

材料:筋子200グラム前後
調味料:醤油、酒、みりん

ワタシなりの作り方
1.筋子はぬるま湯(ワタシは湯沸かし器のお湯を使用)の中でほぐし、皮や筋を取り除く。ほぐした卵を、水でよく洗い、水気を切る。この時、1回目の洗い水の中に塩少量を入れておくと、卵は鮮やかな色に。
2.保存できる容器に卵を映し、調味料(醤油大さじ1と1/2、酒大さじ1、みりん小さじ1~2)を入れる。
3.冷蔵庫で寝かせる。半日ほどで、味が染みてきます。

この方法で完成。チラシには「醤油大さじ2」となっていたのですが、大さじ2杯入れると味が濃くなってしまうので、1杯半が妥当と思います。
完成品。20090913image036

早速ダンナが「食べてみる」と言うので試食してもらったところ、

「いい出来だよ!」との事。初めてにして90点の出来でした。

10点の減点は、いくらの粒が小さかったこと。
「まぁ、実験だから」と言って、タイムバーゲンで並べてあった筋子を買ったため。

これを機に、今シーズンはあと何回作れるのか?
と言っても、筋子は結構高いのです
高級品で1000円前後するので、しばらくは「練習」が続きそうです??

|

« 週末は温泉 | トップページ | しろくまタイムズスクエア »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。