« 親子をいただきます! | トップページ | 「いつもと違う」朝の光景 »

スターダスト☆レビューを聴いて

先日、我が家の近くのTSUTAYAでスターダスト☆レビューBlue Stardustを借りました。
“泣ける、スタレビ”をテーマとしたベスト盤とのことですが、20数年前の「初期」と比べ、進化した内容でした。

ワタシがスターダスト☆レビューに出会ったのは、約20年ほど前。
大学のゼミで一緒だった女性が「スタレビの”トワイライト・アヴェニュー”が泣けていい曲だよ」と聞き、これがきっかけで聞き始めたのが始まり。
その後カルピスのCMで「夢伝説」が使われ、これを機に彼らの音楽に少々足を踏み込んだ状態でした。

彼らの音楽は泣かせるモノと、「躍らせる」「コーラス」モノにはっきりと分かれます。
「泣かせる」モノは、トワイライト・アヴェニューの他に「木蘭の涙」「今夜だけきっと」・・・。
「躍らせる」モノは、「シュガーはお年頃」(彼らのデビュー曲)、「と・つ・ぜ・ん Fall In Love」・・・。
「コーラス」モノは、特定できませんが、アカペラで歌うことが出来る曲(かつてライブで「トワイライト・アヴェニュー」を歌ったことがあります。)
ヴォーカルの根本要さんのMCが面白い(いや長い?)らしいのですが、ラジオで数回聞いたのみで、コンサートに足を運んだのは未だにゼロ。

現在コンサートツアー中で、北海道では旭川、札幌でコンサートの予定。
とはいえ、コンサートに足を運ぶと言うより、もう1枚のベスト盤「Red Stardust」をじっくり聞くのが今やるべきことでして。。。

|

« 親子をいただきます! | トップページ | 「いつもと違う」朝の光景 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。