« 札幌歩こう会月例会「耐寒ウォーク」 | トップページ | 札幌の花火大会が・・・ »

札幌円山動物園最後の双子のホッキョクグマ

半年振りに円山動物園へ。

ココでは1昨年12月に双子のホッキョクグマ(イコロとキロル 共にオス)が誕生して注目を浴び、入場者数も増えてきておりました。
しかしながら、ホッキョクグマ繁殖の目的で、双子のホッキョクグマは来週2月21日に帯広動物園へ移転することになりました。
円山動物園で見られるのは、今週が最後。

入園口から双子のホッキョクグマがいる場所までは550メートル。
今日の日中の気温がマイナス2度。しかも雪道の為、歩くのに一苦労。というより、結構寒かったです。

目的の双子のホッキョクグマがある場所に到着すると、母親のララと共に2頭は遊んでおりました。
2頭になった瞬間を何とか撮影。
1歳2ヶ月。一段と大きくなってました。20100215_1018

この双子のホッキョクグマですが、2頭とも性格がハッキリしてきました。
イコロはおとなしい性格で、母親と行動するのがとても多い。
キロルはとても活発で、下の運動場に降りて遊んだり、上に上がってきたり・・・。
イコロは、どうしても下の運動場へは行くことが出来ないようです。(この状態だと、下の運動場に行けないまま帯広へ行ってしまいそう??)

母親ララとイコロ(?)の様子。20100215_1027

そんな愛くるしい表情を惜しげもなく、3頭とも活発に動き回っていました。

ホッキョクグマスペースの近くに「イコキロルーム」という休憩室があり、ココには旅立つ2頭への寄せ書き3枚が儲けられておりました。
おそらく今日から儲けられた為、書き込みは少なかったのですが、お別れ会が開かれる20日には色紙いっぱいにメッセージがかかれることでしょう。
ちなみに、ワタシも書いてきました。。20100215_1032

円山動物園のホッキョクグマは、先日メスのサツキが旭山動物園へ旅立ちました。
そして、イコロとキロルのお姉さん「ピリカ」(メス)が入れ替わりで帯広動物園から来週円山動物園に戻ってくることになり、イコロとキロル、ピリカのお父さん「デナリ」が近々釧路動物園から戻ってきます。

今後、円山動物園でまたホッキョクグマの赤ちゃんが誕生するのか?
ピリカのお婿さんがどこかから来るのか??
今後の行方が気になります。。

|

« 札幌歩こう会月例会「耐寒ウォーク」 | トップページ | 札幌の花火大会が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日も円山動物園に行ってきました。
お昼ころだったので、眠っているかなと思ったら
案の定3頭がかたまって眠っていました。
でも、そういう姿も見納めなので、
ゆっくり見てきました。
平日でしたが、50人くらいが見守っていました。

寄せ書きですが、新しいものに変わり、
それも結構埋まっていました。
明後日までに、まだまだ増えそうですね。

円山原生林では、もうシマリスが出てきていましたよ。

投稿: なきうさこ | 2010/02/18 20:57

なきうさこさん 書き込みありがとうございます。

今日も行かれたのですね。寒くなかったでしょうか?
色紙が新しいモノに変わるほど、双子のホッキョクグマとの別れは札幌市民にとって寂しいものでしょう。
20日のお別れ会まであとわずか。
帯広で会えることを信じて、笑顔で送り出したいです。

ピリカとテナリが戻ってきたら、足を運ぼうかと考えてます。
その時「シマリス」も見られたらいいのですが・・・。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2010/02/18 22:32

この記事へのコメントは終了しました。

« 札幌歩こう会月例会「耐寒ウォーク」 | トップページ | 札幌の花火大会が・・・ »