« Starting Over | トップページ | この冬、流行りそうな“鍋” »

Welcome to 佑ちゃん

テレビのニュースでご存知だと思いますが、早稲田大学の斎藤佑樹投手が今日札幌ドームにて大々的な入団会見を行いました。

午後3時からの入団会見とはいえ、札幌ドームには「無料で入団会見を観戦できる」ということで8000人のファンが殺到
新聞社、テレビ局などのマスコミも相当集まりました。
そして、北海道内のテレビ局は4社が生中継。NHKも1時間かけて札幌ドームからの中継を放送。

NHK以外は、午後4時10分過ぎまで生中継をしてました。
入団会見の最後の方ではファンからの質問に答えるという形が取られ、最後にファンの方へのメッセージを伝えて終了・・・と思いきや、その後スタンドに向けてサインボール(12個だったと思う)を投げ込んだというサービス。
あるテレビ局では、サインボールを受け取った観客へのインタビューとサインボールを映しておりました。

今年の日本ハムは4年ぶりにBクラスに転落し、おまけにシーズンオフに建山投手の大リーグ行き、森本選手の移籍・・・と暗いニュースが続いていました。
そんな中、斎藤投手の日本ハム入団は道民にとっての明るい話題となっていることでしょう。

夜のNHK北海道ローカルで斎藤投手の記者会見の放送されていましたが、ダンナがこれを見て一言。
「斎藤投手もさることながら、NHKの質問者が登坂アナウンサーってだけであんなに盛り上がるのかよぉ。」

確かに、札幌ドームに「NHKの登坂です」の声が流れただけで、大きな拍手と歓声が沸きあがっていました
登坂さんも、さすがに全国的に人気者ですねヽ(´▽`)/

|

« Starting Over | トップページ | この冬、流行りそうな“鍋” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 登坂アナウンサーが最初の質問者で自己紹介したとき確かに場内には大きな歓声が沸きあがりましたが、その歓声がテレビでも感じられたということですね。
 私もあの歓声には驚きました。その歓声には確かに全国区のアナということとともに、およそスポーツのシーンには現れないだろうと思われているアナの登場の意外感もあったのかな、なんて想像しています。
 しかし、のりちゃんさんが「大々的に…」と表現されていますが、まさに大々的に、でしたね。全国キー局のアナがけっこう目立ちましたが、やはり斎藤投手の入団はそれだけのニュースバリューがあるということだったのでしょうね。
 ちょっとミーハーっぽかったですが、現場でその空気を体感できたことは得難い体験だったと思っています。

投稿: 田舎おじさん | 2010/12/10 16:24

田舎おじさん コメントありがとうございます。

登坂アナウンサーが最初の質問者だったのですね。
入団会見を途中から見たので、最初の質問者が誰か全くわかりませんでした。とはいえ、民報のニュースで登坂アナウンサーの質問や声が入ったのにはダンナ、ワタシ共苦笑いでした。

この会見の前日から北海道のみならず、全国で斎藤投手の入団会見が注目を浴びていたようです。
斎藤投手は今年の流行語大賞をはじめ色々な賞やイベントに引っ張りダコになっているので、東京キー局のアナウンサー、地元北海道の有名アナウンサー、メインキャスターが出てきてもおかしくなかったと思います。
北海道のみならず、全国の斎藤佑樹投手のファンが来年以降の活躍に注目しています。

今回天気が悪かったのでドームへ足を運べなかったのですが、来年1度は斎藤投手のピッチングを札幌ドームで見たいです。
楽天の田中投手との投げ合いを見られたら一番いいのですが。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2010/12/11 21:10

この記事へのコメントは終了しました。

« Starting Over | トップページ | この冬、流行りそうな“鍋” »