« 5日間自宅静養 | トップページ | ごはんは 「柔らかめ」 »

バレンタインの思い出

ブログネタ: バレンタインといえば?参加数拍手

今年もバレンタインが近づいてきました。
毎年ダンナに「どんなチョコレートを贈るか」を色々考えていますが、今年は土曜日まで外出禁止の為当日慌てて買い込むことになりそうです。

バレンテインと言って、ある出来事を思い出しました。
昔勤めていた会社での事。
入社から5年間、女性の後輩が入ってこなかったのでバレンタインデーはひとりでチョコレートを購入。
入社2年目の時、同じ部署の男性が5人(ぐらい)だったので、同じ部署の人のみならず、部長、コピーセンター(コピーを行うフロアー)の所長、メールセンターの担当者まで渡していました。チョコレート代にいくら賭けたか覚えてませんが、その当時は年に1度の大イベント(?)に真剣に取り組んでいました。
入社5年目で女性の後輩が入ってきて、負担が半分に。
翌年から徐々に女性の後輩が増えました。
毎年同じ光景を見てきた男性社員が「大変だから今年で止めようね」と言われ、同じ部署の人へバレンタインへのチョコレートを渡すのは、入社8年目(だったと思います。)で終了。
もちろん、ホワイトデーも渡した方々から頂いていました。大きな手提げ袋に入りきらないほどの年もありました。

亡くなった父へも、現職の頃(退職する数年前)会社の女性社員から頂いておりました。
父は甘いモノを食べなかったので、チョコレートを家に持ってきて冷蔵庫に数週間入れたまま。母もチョコレートを食べなかったので、その後「食べないからアンタ食べてね」と山のようにチョコレートをもらったことがあります。

ダンナもきっと職場の人からチョコレートをもらうのかな?と思っていますが、最低ワタシが渡したチョコレートだけは早めに食べて欲しいのが希望です。
(渡したチョコレートが1ヶ月以上ほったらかしになっていた年がありました。。)

|

« 5日間自宅静養 | トップページ | ごはんは 「柔らかめ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。