« 80年代のアーティストが… | トップページ | 週末まで多忙… »

父の形見

父が生前使用していたカバン、ひょんなことからダンナに受け継がれました。

120522_201714
このカバン、父が絵画教室に通っていた時に使っていたようです。
ダンナが使っていたカバンが昨日壊れてしまったため、久々の出番となりました。

ダンナは通勤用には「縦型の肩掛けカバン」を好んでおり、今までかばん屋を歩きまわって「縦型の肩掛けカバン」を探しました。
しかしながら、最近はパソコンを収納可能な横型カバンが好まれているため、ダンナが欲しいとするカバンが見つからず、頭を抱えていました。

父が亡くなって約1年後、母に話して父が使っていたカバンを譲ってもらいました。

今日から再デビューしたカバンの感想をダンナに聞くと
「まだ慣れないけど、使い勝手は悪くないよ」と。

父の為に、1日でも長く大切に使ってほしいです…。

|

« 80年代のアーティストが… | トップページ | 週末まで多忙… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好い話ですね~~
ブログを拝見し思わず「うんうん」・・・と、
ご主人に使って貰い二度目のお役目の「カバン」。
何より喜んでくれたのはお父様ですね。

投稿: country walker | 2012/05/22 20:59

country walkerさん コメントありがとうございます。

きっと、天国の父はこのカバンを再び使えることを喜んでいることと思います。
父の遺品は実家にまだ残っていますが、「これは」と思うものを出来るだけ残すように、と考えてます。
但し、母が片づけに意欲を出し始めたので、ワタシの目に触れないうちに処分されるものが多いかもしれません。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2012/05/23 21:44

この記事へのコメントは終了しました。

« 80年代のアーティストが… | トップページ | 週末まで多忙… »