« 第21回旭川大雪ツーデーウォーク第2日目 | トップページ | NHKウォーキング教室7月度 »

クモザルとカピバラさん

7月8日(日)、旭川大雪ツーデーウォーク参加後にダンナと合流して旭山動物園へ。

夏の営業期間中の見物は今シーズン初めて。
冬から夏にかけて赤ちゃんが誕生したり、他の動物園から旭山動物園に移動してきたり…と、見たい動物が目白押しでした。
その中から。尚、このブログで使用している画像はすべてダンナ撮影です。

シンリンオオカミの赤ちゃん。(2頭ともメス、白いのは母親)

20120708_10104シロテテナガザルの「モンロー」。
黄色の毛並みが目印ですが、オスのテルテル、マモル父子とはまだ距離を離れているようです。

20120708_10132そして、タイトルのクモザルとカピバラ。
旭山動物園ではクモザルとカピバラを同じ飼育場に展示しておりますが、普段おとなしい2種類の動物が、この日はこの通り。

20120708_10153クモザルが威嚇すると、カピバラたちがプールに逃げ込む状況。
逃げ込むカピバラをクモザルは…。

20120708_10142今まで見た中で、クモザルの興奮した動きを見たのは初めてでした。

夏季営業は11月3日までですが、この期間中もう一度クモザルとカピバラの中がどうなるのか、静かに見守りたいです。。

|

« 第21回旭川大雪ツーデーウォーク第2日目 | トップページ | NHKウォーキング教室7月度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。