« 札幌歩こう会月例会「天神山・精進川ウオーク」参加報告 | トップページ | 春は足踏み »

さよならスーさん

既にご存知だと思いますが、俳優の三國連太郎さんが昨日逝去されました。

三國連太郎さんと聞いて思い出すのは映画「釣りバカ日誌」のスーさん。
スーさんと言ってますが、鈴木建設の社長「鈴木一之介」。
鈴木建設の社員浜崎伝助(ハマちゃん)の釣りの弟子ですが、会社内では全く逆の立場。会社内ではハマちゃんの上司佐々木課長が絡んでくるので、ストーリー自体”笑いあり涙あり感動あり”モノです。

映画は、4年前に最後の作品「釣りバカ日誌ファイナル」で完結。
その時のスーさんは「社長」のイメージを超えてしまったキャスティングだったように思いました。
ワタシ自身、映画「釣りバカ日誌」の中で印象に残っているのは
4作目 浜崎家に待望の子供「鯉太郎」が誕生する話。
5作目 鯉太郎クンを鈴木建設に連れて行き、社内で一騒動起こす話。
6作目 ハマちゃんが社長、スーさんが運転手に仕立てられてしまう話。
と、特に初期の映画が印象に残っています。
(22作のうち半分以上をレンタルで借りてみてました。)

北海道内のローカルニュースでは、最後の作品「釣りバカ日誌ファイナル」の舞台となった北海道中標津町、標茶町の思い出の場所、お世話になった旅館のオーナーのインタビューが放送されていました。
北海道が三國さんの思い出の地になったことと思います。

もう一度映画「釣りバカ日誌」を見たくなりました。
おそらく追悼特番で映画「釣りバカ日誌」が放送されるでしょう。

「さよなら」というより、「ありがとう」の言葉しか浮かびません。

|

« 札幌歩こう会月例会「天神山・精進川ウオーク」参加報告 | トップページ | 春は足踏み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かつて観光バスに乗ると往路はガイドさんの説明。同じ道を帰るときにはビデオを流す、内容は大昔は任侠もの、そして寅さんシリーズか、つりバカ日誌と決まっていました。
NHK以外TVを殆ど観ない化石人間ですが「寅さん」と「つりバカ」両シリーズはビデオに録画したものをよく観ました。
三国さんがお亡くなりになり、追悼特番で映画「釣りバカ日誌」が放送されたなら録画して後から観ます。録画したものはCMを飛ばせるので・・・

投稿: country walker | 2013/04/16 10:58

country walkerさん コメントありがとうございます。

ワタシにとっては「寅さん」より「釣りバカ日誌」を多く見ています。
数年前NHKBSで寅さんの映画全作品を放送していました。全作品を見るとかなりの根気がいると思い、1作目を録画しただけで断念。

昨日のニュースで釣りバカ日誌が映画館で再上映されると聞きました。となると、TVでの放映はなくなるのか?と心配になってきました。
(近所のレンタルショップでDVDを借りられればいいのですが、ここ数週間は借りるのが至難の業かもしれません。)

投稿: のりちゃん | 2013/04/16 21:19

この記事へのコメントは終了しました。

« 札幌歩こう会月例会「天神山・精進川ウオーク」参加報告 | トップページ | 春は足踏み »