« 室蘭の「天勝」 | トップページ | 冬の洞爺湖温泉 »

週末は・・・

この週末は”今年初の”土、日完全休養。
とは言え、来週後半から急遽実家に帰ることになったため、帰省の支度と家の片付けに追われそうです。。

ハナシは変わり、昨年末大瀧詠一さんが急逝されました。

「大瀧詠一さんの曲」と言って、まず思い出すのは君は天然色
アルバムA LONG VACATION の1曲目。 CMのBGMで聞いたことがある人が多いと思います。

このアルバムが発表されたのは1981年。最初は関心がなかったものの、ラジオやFMで流れてくる曲を聞き「これは!」と思ったほど。
友人に頼んでカセットテープに録音してもらい、テープが擦り切れるほど聞きました。

その翌年(1982年)に発表されたナイアガラ トライアングルVol.2
大瀧詠一、佐野元春、杉真理の3人の歌「A面で恋をして」がお気に入りとなり、このアルバムは今でも時々聞いています。
このアルバムのおかげで佐野元春、杉真理を知り、その後2人のアルバムを聞きまくったほどでした。

この週末、大瀧詠一のアルバムをじっくり聞けたらなぁ・・・という気分です。。

|

« 室蘭の「天勝」 | トップページ | 冬の洞爺湖温泉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

大瀧詠一さん、と言われても世代の違う私にはハテ?と首をかしげる歌手の一人です。
「のりちゃん」さんに、テープが擦り切れるほど聞いてもらえたとなれば、その歌声が心に響く相当なインパクトがあったのでしょうね。
在阪当時の若い頃は「労音」の軽音楽やクラシックコンサートへ度々出かけましたが(それが流行でもありました)今ではサッパリ。
今では、車の中で懐メロ専門に聞いています(笑)

投稿: country walker | 2014/01/18 10:27

country walkerさん コメントありがとうございます。

大瀧詠一さんの曲と言って思い出すのは少ないと思いますが、小林旭さんが歌った「熱き心に」森進一さんが歌った「冬のリヴィエラ」の作曲が大瀧詠一さんです。おそらく聞いたことがあると思います。

30年ほど前、お気に入りの音楽はカセットテープに録音してよく聞いてました。その中でも大瀧詠一さんや松任谷由実さんのアルバム、曲はテープが擦り切れるまで聞いたり、歌ったりしていました。
今はCDとなり、CDをパソコンや携帯音楽プレイヤーに取り込んで何度も聴いています。

時代は流れても、いい音楽は今でもどこかで聞いています。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2014/01/18 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 室蘭の「天勝」 | トップページ | 冬の洞爺湖温泉 »