« 完全充電! | トップページ | 我が家の西南西 »

さよならヴァージンアトランティック航空(宝物その1)

昨日2月1日をもって、ヴァージンアトランティック航空の日本路線(成田―ロンドン)の運行が終了しました。

ワタシがこの航空会社を利用したのは2回。
1回目は1990年。イギリス一人旅での往復で利用しました。
その当時、イギリスの発着空港はヒースローではなくガトウィック。
「広かった」ことを覚えています。
この時のイギリス行きの飛行機は「直行便」ではなく、モスクワ経由でした。
モスクワはまだソビエト連邦(社会主義)だったため、経由地では降りることが出来ず、出発まで席に座ったままの状況でした。(カメラ撮影もNGだった。)
その時の写真は引っ越し荷物に埋もれて行方不明ですが、内緒で離陸した時に1枚撮影できたコトを覚えてます。
1回目に乗った時のアメニティ(乗客に配られるモノ)も引っ越しで行方不明ですが、たった1つ、こんなものが見つかりました。
機内食のメニュー。成田からの行きの飛行機のモノです。
表紙

20150202dsc_1002
英語のメニュー(普通の食事の他にアフタヌーンティーがありました。)

20150202dsc_1004日本語のメニュー

20150202dsc_1006

イギリスからの成田への機内食メニューの表紙は、相撲の絵だったと覚えています。(これも持っていますが行方不明)

日本人とイギリス人のスタッフがいて、気軽に話せたのが嬉しかったです。

2回目は12年前の新婚旅行で利用しましたが、その時の宝物などについては長くなるので次のブログで。

|

« 完全充電! | トップページ | 我が家の西南西 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完全充電! | トップページ | 我が家の西南西 »