« 札幌帰りに | トップページ | 中島公園の冬の終わる頃 »

洋服の端切れ

先週実家に滞在していた時のこと。

母が「父の遺品を整理したい」と、ようやく重い腰を上げました。
4年前に亡くなった父が愛用していた背広、衣類の一部、ネクタイ、タイピン、カフスなどの装飾品・・・など、主にタンスの中にしまってモノが未だに手つかずで、手始めに「タンスの引き出しから整理しよう」と、母に声を掛けました。
すると、こんなものが出てきました。

20150214dsc_10006洋服の端切れです。
洋服といっても、父は背広の大半をイージーオーダー(洋服屋で仕立ててもらう)で作っていました。また、ワイシャツの一部もオーダーで作っていました。
その時に出た端切れが引き出しから大量に出来てました。写真はほんの一部。

”洋服の端切れを利用してモノを作る”事をよく見かけますが、「背広やワイシャツの端切れは一体何に使うのか?」ギモンになります。
母に聞いたところ、「父の洋服の端切れはほとんど使わなかった」と。

ワタシが室蘭に戻ってから、電話で「父の背広などの洋服、整理するからね。」と言っていて、体調の良い時に手つかずだった父の洋服を眺めてどうしようか、考えているそうです。
来月また実家に帰りますが、更に作業が進めばなぁ・・・と、思っている次第です。
ちなみに実家のある場所では、燃えるごみなどは未だに「無料」です。

|

« 札幌帰りに | トップページ | 中島公園の冬の終わる頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌帰りに | トップページ | 中島公園の冬の終わる頃 »