« あれから4年 | トップページ | 東室蘭でラストラン »

山下達郎の音楽

夕方のニュースで「シンガー・ソングライターの山下達郎さんが2014年度芸術選奨の文部科学大臣賞に選出された」と報じられ、一瞬「!」(オドロキ、びっくりです。)

確か、シンガー・ソングライター(ミュージシャンで)芸術選奨は過去に何人も受賞しているのですが、身近な音楽が髙い評価を受けるのは、音楽を愛する人たちには嬉しいことだと思っています。

ワタシが初めて山下達郎の曲を聞いたのは、1980年マクセル(カセットテープ)のCMで流れた「RIDE ON TIME」。高音VOICEが印象的でした。
その後発表されたアルバム「FOR YOU」で彼の音楽にハマっていきました。
歌、コーラス(一人で多重の声を出している?)は、1980年代当時”今までにないサウンド”と。
彼の代表する曲は、「クリスマス・イブ」でしょうか。
ダンナもシングルを購入していたそうですが、ワタシはカセットテープに録音して、テープが擦り切れるまで聞いてました。

そして、4年前。
東日本大震災があった後、あちこちで耳にしたのが「希望という名の光」。
ワタシもブログの中で”勇気づけられる曲”として紹介しました。(その時のブログ「音楽のチカラ」)

携帯音楽プレーヤーには、山下達郎のベスト盤(3枚組のモノ)と「FOR YOU」を入れています。
ファンの一員として、これからも心と記憶に残る音楽を作ってほしいです。。

|

« あれから4年 | トップページ | 東室蘭でラストラン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから4年 | トップページ | 東室蘭でラストラン »