« 期日前投票 | トップページ | のど飴としょうが »

A LONG VACATIONの思い出

先日NHKBSプレミアムで「大滝詠一ソングブック」が放送され、我が家では録画したものを少しずつ見ております。

大滝詠一さんの音楽と言えば、アルバム「A LONG VACATION」をはずすことが出来ないでしょう。このアルバムは1981年に発表され、現在まで200万枚近くの総売り上げがあるとのこと。

このアルバムが出た当時ワタシは大学生で、音楽サークルの仲間から「このアルバム、オススメだよ!」と言われて、アルバムをカセットテープに録音して聞いたのが最初。

1曲目の「君は天然色」のサウンドで、その当時”新しい音楽のサウンドを体感”。

このアルバムは10曲収録されていますが、「カナリア諸島で」「恋するカレン」「さらばシベリア鉄道」・・・と、CMや他のアーティストに提供した曲も収録されてます。
尚、当時在籍していた音楽サークルでは「君は天然色」「さらばシベリア鉄道」を演奏したバンドがありました。

このアルバムの発売から1年後、「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」が発表され、発売と同時に即貸レコード店で借りて、聞きまくりました。
このアルバムに参加していた佐野元春、杉真理の音楽も聞きたくなり、その後彼らの音楽も聞き始めていきました。

今、改めて聞くと新鮮なサウンドで、どことなく「不思議な世界へ」運んで行ってくれるような…そんな楽曲たちだと感じてます。

尚、我が家にはダンナのムコ入り道具として、このアルバムが持ち込まれておりました。

20150406dsc_10002

|

« 期日前投票 | トップページ | のど飴としょうが »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期日前投票 | トップページ | のど飴としょうが »