« はじめてのハイレゾ | トップページ | バス遅延 »

大荒れ(?)の天気

午前中、いつも通り運動施設へ。

午前中はそれほど雪が降っていなかったのですが、運動が終わって建物を出ると雪が降ってました。
雪の時には歩いて帰ることが出来ないため、30分ほどスーパーで待機してバス停へ。
その頃になると雪が激しくなり、バス停近くの建物の庇にいても雪と風が強かった状態。
バスに乗り込むと、今度は前方が見えないほどで、ホワイトアウトに近い状態でした。
それでもバスは事故なく進み、ショッピングセンター近くの停留所で下車。
雪はやむ気配がなく、急ぎ足で建物へ。
1時間ほど建物にとどまった結果、午後になって雪がやみました。

建物から出てきて、交差点で撮影した空。

20160217dsc_0001振り返ると、再び雪が降りそうな空でした。

20160217dsc_0004帰る途中の道。昨日まで雪がゼロになったものの、今日の大荒れの天気で3センチほど積もりました。

20160217dsc_0005雪がやんで家に帰るまでの間は雪が降らなかったものの、風が強かったです。
こんな天気を繰り返しつつ、春に向かっていくのかなぁ…と思うと、もうしばらくのガマンです。

|

« はじめてのハイレゾ | トップページ | バス遅延 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホワイトアウト、初めて耳にした言葉ですが真っ白で風景が見られない状況? 勝手にに自分で想像してしまいましたが。
そんな厳しい状況でもバスは運行されているのですね。降雪ゼロに住む自分達には想像すら出来ないことです。
でもその様な厳しく過酷な環境の中でも生活できる北国の人たちには尊敬を超え、畏敬の気持ちです。
でもチョッピリと雪への憧れのある自分達です。

投稿: country walker | 2016/02/18 20:59

country walkerさん コメントありがとうございます。

昨日の天気は、変化が目まぐるしかったです。
「ホワイトアウト」状態と書きましたが、実際に進まないと信号や曲がり角がわからないほど、視界ゼロ(真っ白の光景しか見えない)でした。
バスは、よほどのことがない限り運行されます。
運休になった時、室蘭では普通のバスポールなので「運休」と伝えるものがありません。ですから、バスが来るまでひたすら待つしかない状況です。

雪国に住んで以来、ちょっと自信がついたかもしれません。
雪かき、吹雪の中での運転や歩き・・・など、毎年貴重な体験を行なっている次第です。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2016/02/18 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのハイレゾ | トップページ | バス遅延 »