« あれから5年 | トップページ | ”しおさい”リニューアル »

改めて3.11

あの日、東日本大震災から5年経ちました。

前にも記載しましたが、5年前の3月11日、その時は札幌歩こう会事務所での当番でした。
地震の起きた時間(午後2時47分)「揺れてる!」と感じただけで、その場でじーっとしてました。

事務所当番は午後3時までで、当番が終わってさっぽろ地下街(ポールタウン)の一角でテレビを見ている人多数。

その時「あの地震は大きかったんだ!」と感じました。
テレビに映っている映像は、震度が大きかった宮城、岩手、福島・・・。
東北地方、関東地方など余震が続いている…。
言葉が出ませんでした。
(2年前のブログより)

あの日の出来事、今でも忘れません。
そして、今。
海の近くに(浜から約1km離れている)住んでいるのですが、大きな津波が起きたら・・・。
何も考えずに、命を守ることで必死となることでしょう。

今年も地震が起きた時間、海に向かって黙祷しました。
一昨年まで、室蘭では地震発生時間に合わせてサイレンが流れたのですが、昨年、今年は地震発生の合図はなし。
「時の流れ」なのでしょうか。

震災の教訓を次の世代に伝えていくこと、そして次の世代の為に一歩ずつ前進していくことが、今課せられたことだろうとつくづく感じました。
写真は5年前の3月11日の旧歩こう会事務所内。奇しくも柱時計が写っていました。(震災から20分後であることを証明しています。)

110311_150507

|

« あれから5年 | トップページ | ”しおさい”リニューアル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日 駅ハイに参加して海抜○○メートルと書いてある電柱を見て、今地震が起き津波が来たら何ができるのだろうか?ただ右往左往するだけなのではないかと真剣に考えてしまいました。

改めて食料の在庫を確認していた昨日は、心の中で祈りの日々でした。bud

投稿: セロリさん | 2016/03/12 17:10

セロリさん コメントありがとうございます。

我が家の近くやよく行く場所に、海抜○○メートルと表記されている場所が多くあります。
我が家の近くは海抜5メートルほど。もしもの時の指定避難場所は高台の自治会館なので「ちょっと安心」出来るかも。
とはいえ、大きな地震が起こったらとっさに逃げることが出来るか?、真剣に考えてしまいそうです。

昨日、今日と震災関連の報道や番組を多く目にしました。
「今まで」のことより「これから」、そして一歩ずつ前に進むことが復興に繋がるのかなぁ…と改めて感じました。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2016/03/12 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから5年 | トップページ | ”しおさい”リニューアル »