« 晴れのち雪 | トップページ | 我が家の北北西 »

我が家のソニー製品その4 ”ソニーのワープロ”

ちょっと間が空きましたが、我が家のソニー製品の最後は”ソニーのワープロ”と呼んだかもしれないProduce(プロデュース)。写真はソニー展から。

20170102dsc_0040

本体はこの写真と同じPJ-100で、付属としてプリンターが付いていました。
作成した文書を保存するのに2.5インチのディスク(写真右側)に保存できるよう、ドライブが内蔵されていました。

調べてみると、発売されたのが1987年。「社会人になって購入した」コトしか覚えておらず、このワープロを使って年賀状を作ったかも→このコトも忘れている??

覚えていることは一つ。当時購入していた雑誌の有名人のインタビューをこのワープロを使って入力していた、コトです。
今のパソコンとは違って充電するのにかなり時間がかかり、おまけに連続使用できるのが3~4時間。
「使い勝手はよくなかった」→ワタシの印象。

その後Windows95内臓のパソコンを購入したため、4年近く使って廃棄。

ソニーも後にVAIOというパソコンを発表。父がWindows98内臓のVAIOを購入し、得意そうにWordで文章を作ったり、写真を取り込んだり…と使っていた頃を懐かしく思い出したほどです。

我が家、いえワタシ自身これまでも、これからもソニー製品に関わってきており、「変わったモノが発売されたら購入したい」と考えることでしょう。
ちなみにPlayStationも1、2を購入しましたが、手放してしまいました。。
(まとまりのない文章ですが、これで完結です。)

|

« 晴れのち雪 | トップページ | 我が家の北北西 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね~
ワープロ専用機、自分も初めて買ったワープロはカシオ製?だった様に記憶しております。
当時は未だ現役時代、社内の統計は電卓とソロバンの併用でした。
2台目のワープロには計算機能が付き、社に持ち込み、初めてこの機能を使った試したところ、表の縦横の合計など一度で済み、あまりの素晴しさに感嘆の声が出たほどです。
統計の数値は保存機能がない為フロッピーデスクに保存でした。
ワープロでこれ程の機能があるのならPCは?と、市内のPC教室に通い、初めて購入したPCはNECのwin3.1搭載のPCで価格は50万ぐらいしました。
以後、事務所にもPCを買ってもらいパソコン通信も・・・

PCの履歴だけは古いのですが定年退社後は、写真の保存とインターネットだけでその後の進歩はゼロ!
今では先日購入したタブレットの設定も孫にしてもらう始末です(笑)

投稿: country walker | 2017/02/03 11:00

country walkerさん コメントありがとうございます。

country walkerさんもワープロ専用機を使っていたのですね。
今のパソコン、タブレットと比べると、ワープロ専用機は文書を作成するのがメインで、良くて表作成、描画機能が付いていたものでした。
90年代に入ってインターネットが普及したと同時にパソコンを購入(切り替える)人が増えてきました。
この記事に記載し忘れましたが、Windows95内臓のパソコンを購入した目的はインターネットを接続することもありました。
当初、電話回線を使ってインターネットを使っていたもので、1時間以上接続すると利用料金が加算してしまうので、時間を気にしながらネットを利用していました。

今ではワープロを使っている人がどのくらいいるのか?気になるところですが、ワープロがあったからこそ色々な文章を作れるようになったと、感謝している部分があります。
ワープロでは文字変換には時間がかかり、誤変換も多かったことも思い出してしまいました。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2017/02/03 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れのち雪 | トップページ | 我が家の北北西 »