« オートバイサーカス | トップページ | サヨナラ(?)カール »

父の日

今日6月18日は父の日。
本来なら「お父さんありがとう」とメッセージやプレゼントを渡すのですが、ワタシの父は2010年に他界。今朝になってふと、父のことを思いだしました。

父は、家の中では物静かな人でした。
家のコトはほとんど母に任せていたので、現役の頃は「仕事に打ち込んで」いました。
母よりも父と話す機会が少なかったかもしれません。
父と一緒に出掛けた記憶は数少ないのですが、小学生の頃に後楽園球場まで日帰りで「巨人戦」を見に行ったコトが一番の思い出でした。
叔父がサッカーの監督をしていたため、野球よりサッカー観戦が好きだったようで、亡くなってから遺品の中にオリンピック、ワールドカップ、 Jリーグのビデオテープが多数出てきました。
応援しているチーム、選手は特になかったようで、「サッカーだったら観戦する」状態でした。

父の日にはネクタイを送るコトが多かったのですが、ネクタイが洋服ダンスにあふれるほどになってしまったため、結婚後はダンナと相談して北海道限定のビールを送ったり、父のイニシャルを入れたペンケースを贈っていました。

亡くなる数年前、母が父の症状を色々報告するようになって以来、父の日の贈り物をやめてしまい、誕生日に電話や帰省して「おめでとう」と言うのが精いっぱいでした。

「もっと色々話しておけばよかったかなぁ・・・。」と後悔することがしばしば。

父が亡くなって以来、母は時々電話やメールで父のこと(思い出)を話します。
「父が生きているうちに、なぜ言ってくれなかったの?」と、思うことが時々あります。
母は最期まで、父に尽くした人でした。
それがわかったのが、父が亡くなって1年以上経ってから。
母は、時々夢の中に父が出てくるとベッドの上で涙を流すことがあるようです。

今年の父の日も何もやることが出来ないですが、「せめて命日には墓参りに行こう」と、近々母に声を掛けるつもりです。(真夏なので、9月の彼岸になるかも?)
大好きだったビール、スーパーで見つめてきました。。。
写真は、元気だった頃の父の写真。実家から持ってきた父の写真は、この写真を含む数枚です。1994年撮影。

Gero199402

|

« オートバイサーカス | トップページ | サヨナラ(?)カール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

父の日、今は亡きお父様はサッカーの監督までされていたのですね。
ビールが好きでサッカーも大好き、子供思いの優しいお父様だった様ですね。
自分も昨日は息子夫婦から大好きな焼酎を頂きました。
毎年の事ですが本当に嬉しいものです。
普段なかなか飲めない良い焼酎なので勿体なく、晩酌の最後に少しずつ頂きます。

投稿: country walker | 2017/06/19 08:17

country walkerさん コメントありがとうございます。

父は娘の前では優しく接しようとしていましたが、ワタシにとってはもの静かでありながら「頑固だった」印象が強かったです。
父の日に送った物を父が受け取った時、果たしてどんな表情だったのか?嬉しかったのか?、父の表情を覚えていないことが本当に心残りです。
お酒を飲んでいる時は、嬉しそうな顔をして飲んでいた時が多かったコトを覚えています。

尚、父はサッカーの監督をやっておらず、叔父(父の兄)が、かって日立(現柏レイソル)の監督をやっていました。
そのため、元日の天皇杯に国立競技場へ家族で応援に行ったことがありました。40年ほど前の話ですが。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2017/06/20 21:07

こんばんは!

父の日 私の亡き父も無口な人でお酒を美味しそうに飲む姿が印象的でした。
米軍の基地に働いていたこともあり、少し英語が話せてほとんどが専業農家が多い村で父はダンディ感のある人でした。
今年の父の日 夫は2人娘より夏用のマフラーと日焼け止めクリーム(外仕事のアルバイトをしている為)をプレゼンとして貰い喜んでいました。
のりちゃんのお父様も喜んでおられたと思いますよ。のりちゃんのお母様は、ご主人を大切に尽くされておられたのですね。
今の私は、夫に尽くしてるとは言えないので・・・反省が必要かもsign03coldsweats02

投稿: セロリさん | 2017/06/21 19:17

セロリさん コメントありがとうございます。

セロリさんのお父さん、ダンディーで無口でお酒を飲む人だったというコトですね。
「かっこいい」お父さんだったのでは?と想像してしまいます。

ワタシの父は晩年、母に感謝の言葉をポツリと言ったことがあったようで、その言葉を聞いて母は「そんなことはない」と言ったとのこと。
この言葉も、父がなくなって数年後に聞いたものだったので、父が生きていたら確かめたい、と思うほどです。

ここ数年「父の言葉」「母の言葉」に心が動かされることが多く、いずれワタシも「父の意志」「母の意志」を胸に生きていくことになるようです。
ちなみにワタシも、現時点ではダンナに尽くしている状況ではないです!いつかは尽くさないと・・・。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2017/06/21 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オートバイサーカス | トップページ | サヨナラ(?)カール »