あばしりツーデーマーチ2日目

6月9日土曜日 オホーツクあばしりツーデーマーチ2日目に参加しました。

この日は朝から曇り。しかもこの時期としては気温が低く、朝の気温は7度。前日同様長袖を着込んで参加。

出発式はエコーセンターの広場で行われました。既に30kmコースの参加者が出発してしまい、20キロコースの参加者は約100人。最後の大会、しかも最終日しては少し寂しい人数でした。
来賓の挨拶、ストレッチ体操、20kmコースのアンカーさんのゲキが行われ、午前8時過ぎにスタートしました。
出発式には、カニのかぶりモノで参加したグループも。

20180609dsc_10054

20kmアンカーのゲキ。

20180609dsc_10055

この日も東京農大網走校応援団の大根踊りでお見送り。

20180609dsc_10057

コースはだらだらとした上り坂が続きました。

20180609dsc_10059

途中の休憩所、お茶の接待がありましたがあっさり通過。(正面から取り損ねました。)

20180609dsc_10063

途中の標識。20180609dsc_10060

北方民族博物館。ココはトイレ使用のみ。この建物を見物できる配慮をしてほしかったです。

20180609dsc_10064

高台からの網走湖の眺め。雄大でした。

20180609dsc_10067

20kmチェックポイント。役員2名とここの旅館の子供(お孫さん?)が対応していました。

20180609dsc_10069

チェックポイントを過ぎると、網走湖を左手に見る歩道へ。ココで30kmの参加者に多数会う。聞いた話では途中の道が雨で通りなくなり、5kmほど短縮されたとのこと。
網走湖近くのキャンプ場の一角では、給水の接待。(ココも通過)

20180609dsc_10075

しばらく歩くと、網走湖から網走川へ。ゴールまで網走川沿いを歩きました。

20180609dsc_10078

ゴール近くの標識。色々な説明が記載されていました。

20180609dsc_10079

ワタシも前日と比べて少々早く歩くことが出来、午前11時45分にスタート地点に戻ることが出来ました。

今回であばしりツーデーマーチが終了となりましたが、個人的には「もっと参加者に対して歩きやすいコース設定をしてほしかった」と言うのが本音。
広大な景色、オホーツク海、網走湖・・・など魅力の多い場所でしたが、市民の方々にもっと地元を知ってほしいという大会にしてほしかったです。

大会開催日に平日が入ると地元の方々は参加しにくいのですが、逆に高齢者に対して「地元を歩いてみましょう」など、自治体としてもウォーキングに関心を寄せるきっかけを作ってほしかった・・・と思いました。

今度網走に行くのは、流氷船観光になるかもしれません??

| | コメント (0)

第12回さっぽろトリム&ラン ウォーキングサポート

昨夜網走から札幌に戻りました。
ゆっくり休む間もなく、本日(6月10日)第12回さっぽろトリム&ランの手伝いに真駒内セキスイハイムスタジアムへ。

この「第12回さっぽろトリム&ラン」は、健常者と障害者が一緒になって一緒になってスポーツを行うモノで、競技はハーフマラソン、リレー、マラソン、キッズランそしてウォーキング(2.5Km)があります。
ワタシは昨年に続きウォーキングの手伝いで、札幌歩こう会のスタッフ6名が付きました。

このイベントには、ゲストとして冬季オリンピックメダリストの阿部雅司さん、AC北海道代表の作田徹さんが参加していました。(見えにくいですが)

20180610dsc_10093

さて、ウォーキング2.5kmは午前10時50分スタート。
スタート前に参加者と一緒にストレッチを。(写真は参加者の様子)

20180610dsc_10097

午前10時50分、札幌歩こう会川瀬さんのピストルの合図とともにスタート。

20180610dsc_10098

参加者は健常者と障害者(付き添い者がついていました。)で約20名。
健常者はスタートとともにぐんぐん歩いていきましたが、障害のある子どもに対しては、スタッフがついて一緒に歩くことに。

20180610dsc_10099

スタートから10分後「健常者の参加者がバラバラになった」と言うことを聞き、急遽コース誘導に。昨年と違ってバラバラに歩いてしまったため、途中ウォーキンの参加者を見つけては声を出して誘導。でもこの通り。(先に進んでしまいました。)

20180610dsc_10102

コースは真駒内セキスイハイムスタジアムの周りを歩き、スタジアムに戻るというコース。
当然スタジアムにも、バラバラでゴール。(写真はゴール地点)

20180610dsc_10105

足に障害のある男の子も、無事完歩。ゴール時には周りから大きな拍手が。

20180610dsc_10106

ウォーキング2.5kmは、参加者全員無事完歩できました。

ゴール後スタッフで反省会となり、次回手伝う場合には健常者と障害者の担当を決めることが必要ということなりました。
このイベントに協力して2回目だったので、もし3回目手伝うことになった場合には障害者にも「歩く楽しさ」を伝えることが出来たら…と思っています。

網走での2日目ウォーキングの報告は、次のブログで。

| | コメント (0)

あばしりツーデーマーチ1日目

6月8日、あばしりツーデーマーチ1日目が開催されました。メイン会場は網走エコーセンター2000。
前日までの暑さとは一転し、朝の気温は7度。夜中に雨が降ったらしく、道路はぬれていました。

ワタシは20kmに参加。今回、福岡のご夫婦に3年ぶりに再会できるとあって、とても楽しみにしてました。会場で再会。出発前まで色々話しました。
7時45分から出発式。雨が降りそうな天気のため、エコーセンターの1階で行われました。
来賓の挨拶、北海道マーチングリーグの紹介、準備体操を行ってからスタート。
スタート地点では、東京農大網走校の応援団による「大根踊り」でお見送り。今年で最後と考えると、残念です。
1528455410004.jpg
コースはアップダウンの激しい道が続きました。6年ぶりの参加は、コースが変わっていました。
7km地点のチェックポイント。
1528455513500.jpg
コース半分まではなんとか雨に当たらずに歩きましたが、半分を過ぎた時点から雨が降り始めました。
合羽を着てなんとかあるいたものの、オホーツク海は、この通り。
1528455514313.jpg
約7km、雨に当たりながら歩き、ゴールまで約1kmの地点でようやく雨やどり。昨日下見で訪れた道の駅でした。
1528455515145.jpg
ゴールまでは、かつて賑わっていた網走商店街を歩きましたが、シャッターで締められている場所が目立ちました。
午後12時半、無事スタート地点へ。
ゴール後、暖かいホタテ汁といももちの差し入れに、一気に食べてしまいました。

明日の天気も不安定で、雨が上がっていたら20kmを歩く予定です。

| | コメント (3)

あばしりツーデーマーチ1日目

6月8日、あばしりツーデーマーチ1日目が開催されました。メイン会場は網走エコーセンター2000。
前日までの暑さとは一転し、朝の気温は7度。夜中に雨が降ったらしく、道路はぬれていました。

ワタシは20kmに参加。今回、福岡のご夫婦に3年ぶりに再会できるとあって、とても楽しみにしてました。会場で再会。出発前まで色々話しました。
7時45分から出発式。雨が降りそうな天気のため、エコーセンターの1階で行われました。
来賓の挨拶、北海道マーチングリーグの紹介、準備体操を行ってからスタート。
スタート地点では、東京農大網走校の応援団による「大根踊り」でお見送り。今年で最後と考えると、残念です。
1528455410004.jpg
コースはアップダウンの激しい道が続きました。6年ぶりの参加は、コースが変わっていました。
7km地点のチェックポイント。
1528455513500.jpg
コース半分まではなんとか雨に当たらずに歩きましたが、半分を過ぎた時点から雨が降り始めました。
合羽を着てなんとかあるいたものの、オホーツク海は、この通り。
1528455514313.jpg
約7km、雨に当たりながら歩き、ゴールまで約1kmの地点でようやく雨やどり。昨日下見で訪れた道の駅でした。
1528455515145.jpg
ゴールまでは、かつて賑わっていた網走商店街を歩きましたが、シャッターで締められている場所が目立ちました。
午後12時半、無事スタート地点へ。
ゴール後、暖かいホタテ汁といももちの差し入れに、一気に食べてしまいました。

明日の天気も不安定で、雨が上がっていたら20kmを歩く予定です。

| | コメント (3)

管理される(?)ウォーキング

書き溜めていた内容です。

5月3日 ウォーキングフェスタ東京1日目のこと。
事前受付でゼッケン等を頂くのですが、今回渡されたゼッケンを見て「!」と。

20180503dsc_10013

ゼッケンの左側にはICチップが付けられ、ゼッケンには参加番号。右側にバーコードが。
まるでマラソン大会に参加するような・・・そんな雰囲気でした。

スタート時には右側のバーコードを読み取って完了。

ICチップですが、「ある地点」で参加者の通過を測定していました。
ある地点の状況。

20180503dsc_10025その地点を通過すると、ICチップが反応して「ピッ」と鳴った(と覚えています。)
おそらく大きな機械を使って、この地点を通過する人数、時間を集計していました。
そのデータを基に、来年以降の対策に役立てるのでは?と、感じました。
この日のチェックポイント。ゼッケンのバーコードを読み取っていました。

20180503dsc_10027

そして、ゴール地点も。

20180503dsc_10034

ゼッケンにつけられていたICチップは、1日目のゴール時に回収されました。
そして完歩証には、ゼッケンのバーコードを読み取り、スタートからゴールまでの歩行時間が印刷される…という「画期的な」方法でした。

ウォーキングも完歩証に歩行時間が表示されるとなれば、「楽しみながら歩く」コトが出来なくなる恐れが。
個人的な意見ですが、ウォーキングは「時間を争うもの」ではなく「完歩する」コトに意義があると思います。
来年は、もう少し考えてほしいです。。。

| | コメント (0)

第41回北海道を歩こうスタッフ記(後編)

前編からの続きです。

スタート地点の真駒内中学校での見送りが終わると、送迎車で次の地点へ。
10kmのゴール地点、真駒内カントリー倶楽部の広場へ。

20180527dsc_10013

ココでの手伝いは「10km認定」。国際市民スポーツ連盟(IVV)の認定を渡すのですが、テントの一角では札幌市の「サッポロテトラスロン」の認定も行いました。
昨年はこの隣の「完歩証」渡し。今年は北翔大学の学生ボランティアが主となって行なったため、学生には「1番の人がゴールするまで完歩賞にタイムを印刷する練習を行ってください。」と。テントはこの通り。

20180527dsc_10015

しかも、この日は午前9時を過ぎても気温が上がらず、テントの中にいても”寒い”状態。
ゴールする参加者が戻るまで、テントの外で太陽を浴びていました。(テントに居た他のスタッフも同様に行ってました。)

10kmコースの一番のゴール者は、午前10時前。必死に歩いてきた様に見えました。
尚、この地点は33kmコースのトイレ、休憩、給水場所でもあり、10kmゴールゲートをくぐらず、トイレや休憩スペースに向かう参加者が多数。
午前10時15分頃から10kmコースのゴール者が続出。1人で歩いた参加者、家族で歩いた参加者・・・など「お疲れ様」と声をかけると笑顔が。中には33kmを歩く予定が10kmでリタイアする参加者が数名いて、その参加者にも10kmの完歩賞を渡しました。
ココでの手伝いは午前11時半で終了。
終了前に早い昼食を食べ、バスで33km地点のゴール支笏湖へ。
ちなみに、10kmの給水は、自衛隊の給水タンクから水を頂く状況でした。

20180527dsc_10014

支笏湖畔では、33kmゴール者への認定渡し。(10kmと同じ手伝い)
とはいえ、ココでもテントの中は”寒く”、テントの中で声掛けを行っていました。
ちなみに33km1番のゴールは午後1時前。4時間50分で歩いた(いや走っていた?)そうです。
その後、続々と参加者が支笏湖畔でゴール。午後4時過ぎまで手伝いました。

尚、今回の参加者は1453名。昨年より200名ほど少ない参加者でした。
今回限定の定山渓コース(200名限定)がなかったら、さらに減少していたことでしょう。
来年継続するには、コースの見直しや参加費の見直し(33kmはちょっと高い)が必要なのでは?と、思いました。

| | コメント (0)

第41回北海道を歩こうスタッフ記(前編)

第41回北海道を歩こうが行われました。集合場所は真駒内中学校。地下鉄真駒内駅から徒歩3分。

今朝の札幌は、この時期としては寒い朝。
朝6時の気温は10度。スタッフは午前7時集合。
参加者が出発するまで特に手伝うことがなかったので、少し身体を動かしながら出発を待っていました。

午前7時45分からストレッチ体操を。参加者約200名が一緒に体を温めました。

午前8時から出発式。来賓の方の紹介と代表者1名の挨拶だけで終了。5分後のスタート前に「物足りない」出発式でした。

午前8時10分。33kmコースの「はやく」歩く参加者からスタート。
スタート前の様子。

20180527dsc_10005先頭の参加者のスタート。

20180527dsc_10006

20180527dsc_10007

その後33km「ふつう」「ゆっくり」コースがスタートし、続いて10kmコースの参加者がスタート。参加者に対して、お見送りをしました。(但し声はまだ本調子ではなかったですが。)

今回北海道命名150周年を記念して、8時25分に「定山渓コース」(20km)の参加者がスタート。

20180527dsc_10012

午前8時半までに参加者全員がスタートしました。

ココでのお見送りが終わり、次の地点での手伝いの為バスで移動。
続きは後編で。

| | コメント (0)

ウォーキングフェスタ東京2日目

5月4日 ウォーキングフェスタ東京2日目に参加しました。

会場の小金井公園まで徒歩25分ですが、今回駅前から「CoCoバス」というコミュニティーバスで会場近くまで5分で行けるということで、2日間バスで会場近くまで乗車。余裕でスタートを待つことが出来ました。

2日目は朝からお天気に恵まれ、20キロの出発式では小金井市長、女子車いすバスケット選手の挨拶があり、また来賓として11月に行われる日本スリーデーマーチの開催地埼玉県東松山市の市長とPR大使(女性)2名が挨拶を行いました。その後コース説明、ストレッチを行い、午前9時20分に先頭の参加者からスタートしました。

2日目のコース:小金井公園→玉川上水(桜橋)→三鷹駅南→三鷹警察署前→諏訪神社前→神代植物公園脇→深大寺→大沢橋→野川遊歩道(その途中でチェックポイント)→小金井警察署前→小金井街道→茜屋橋から玉川上水遊歩道へ→小金井橋→小金井公園内江戸東京たてもの館前→小金井公園いこいの広場

スタート時には小金井市のマスコット「こきんちゃん」がお見送り。

20180504dsc_10038

しばらく歩くと、ウォーキング指導員研修の方々と遭遇。

20180504dsc_10040
深大寺で参拝しましたが、ココで有名な「なんじゃもんじゃ」の花は今年は見られず。(既に花が散ってしまったようです。)

20180504dsc_10045
野川遊歩道でのチェックポイントでは給水がありましたが、水をもらう参加者はごくわずか。

20180504dsc_10050
今年は昨年と比べて20分ほど”遅い”ペースでした。その為昼食は15分以内で食べ、歩くペースを上げようと必死でした。
ところが、残り3kmで信号が続き、その都度「赤信号」で止まる状態。7か所で信号待ちとなってしまい、そこで更にペースが落ちました。

それでも「5時間以内にゴールする」目標を持ち、ゴールしたのは午後2時15分。4時間48分(途中30分ほど休憩等をとる)で20kmを完歩しました。

今年の参加者は2日間で6700名。昨年と比べて更に減少。
個人的には「コースがマンネリになっていること」が一番の原因なのでは?と思われます。
魅力あるコースを検討する必要が出てきたような…そんな印象でした。

| | コメント (0)

ウォーキングフェスタ東京20181日目より

今年もウォーキングフェスタ東京に参戦。第1日目から。

今回、ゼッケンに番号が振られていて「何?」と思ったのですが、実はこのゼッケン番号とゼッケンに付けられているバーコードでスタート・チェックポイント・ゴールチェックを行う方法になっていました。
おまけに事前受付の参加者のゼッケンには、ICチップが付いてました。(ICチップはゴール時に返却)→このことは、後日改めて報告する予定。

会場に到着した時には何とか雨は止んだものの、雨の影響で昨年より参加者が少ない印象でした。
20キロの出発式に参加し、来賓の挨拶とストレッチを行い、午前9時20分にスタート。
スタート時の光景。

20180503dsc_10016

20180503dsc_10017

チェックポイントを過ぎ、いつも通る水路には珍しくカモさんが。

20180503dsc_10030

後半の緑道。

20180503dsc_10031

いつもよりゆっくり歩いたことと、昼食に30分休憩を取ったため、ゴールしたのは午後2時半過ぎ。
完歩証もゼッケンのバーコードを読み込んで、歩行時間がしっかり印刷されるモノになりました。

明日も参加しますが、今日より明日の20キロ方が距離が長いので、時間にこだわらず完歩を目指します。

| | コメント (4)

平成30年度ひと段落

本日は札幌歩こう会の月例会「総会ウォーク」でした。

本来ならウォーキングの様子を報告するのですが、今回はウォーキング後平成30年度札幌歩こう会の通常総会が行われるため、その準備(裏方)に追われました。

「総会ウォーク」の前に、中島公園内の清掃。参加者約100名と、何か所に分かれて清掃しました。ワタシは札幌ツーデーウォークのメイン会場となる場所を「指示役」と「清掃役」の2役。
「清掃後に歩きますので、無理しないでください。」と言いつつ、参加者と一緒にゴミ拾い。
ゴミの大半が落ち葉、枝で、用意したゴミ袋がほぼいっぱいになりました。

清掃後、総会ウォークの出発式と見送り。今回は裏方なので、参加者が出発した後事務所に戻って総会の準備を行い、荷物をもって総会が行われるかでる2・7へ。
かでる2・7に到着すると、11kmコースの認定のため、建物の前で約30分参加者の到着待ち。午後12時前に最初のゴール者が到着し、以後続々とゴール。用意した認定はあっという間に渡し切り。

昼食を食べ、午後1時半から通常総会開会。
議案はすんなり承認され、参加者からの質問は3人のみだったので、今まで出席した総会の中で”混乱のない、あっさり決った”モノでした。(個人的な感想です)

総会が無事終わって一段落。 その後退任する役員を交えての懇親会が行われ、今までの労をねぎらいました。

とにかく長い1日でした。。(写真は本日の清掃活動の様子)

20180422dsc_10006

| | コメント (0)

より以前の記事一覧