« 今週の中島公園ボート池(3/12) | トップページ | 少し落ち着きましたが。 »

「ありがとう」って言えずに・・・

今日午後2時25分。ダンナのお母さんが旅立ちました。

3ヵ月ほどの入院でしたが、苦しむことなく、むしろ最期の2時間ほど前までダンナ、ワタシの声かけを理解していたようです。
ダンナと交代で昼食を食べに行き、食べた直後にダンナから急変の連絡。慌てて病室に戻りましたが、息が既に停止した状況で、ギリギリ脈が残っていた時点で看取ることができました。

約16年、色々と厳しく教えて頂きました。
時には、優しく話しかけてくれました。
最後に「ありがとうございました」と声をかけることが出来なかったのが心残りです。

通夜、葬儀、片付けその他でしばらくブログを書けないかもしれませんが、落ち着いたら、またいつもの出来事を記載する予定ですので、待っていてください。

|

« 今週の中島公園ボート池(3/12) | トップページ | 少し落ち着きましたが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のりちゃん さん
ご母堂様のご冥福をお祈りいたします合掌
ご自愛ください(゜゜)(。。)ペコッ

投稿: | 2019/03/16 09:17

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: yoriko | 2019/03/17 17:25

こんばんは。
最後の言葉をかけられなかった残念さ、お察しします。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: いかさま | 2019/03/18 23:22

コメントありがとうございます。
ようやく時間が出来ました。

名無しさん、yorikoさん、いかさまさん
亡くなったダンナの母は、穏やかな表情で旅立ちました。
時に厳しく、時に優しい母でした。
亡くなる2週間前までは話すことが出来、その後は「反応」でワタシの問いかけを理解していたようです。
色々心残りがありますが、とにかくダンナの母の意志を少しでも継ぐことが出来るよう、これから頑張っていきます。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2019/03/20 11:10

今ごろになって読みました。
こんなに遅いコメントで、ごめんなさい。

私も10数年前に夫の母を亡くしました。
”厳しく優しい“ うちもその通りの母でした。
夫は沢山の兄弟の下のほうで、私は良く衝突して怒らせましたが、それでも また泊まりに来てくれました。

母は自分の足で歩いて入院して、たった2週間でお元日に肺炎で亡くなりました。

私も毎日病院に通っていましたが、他の身内に勧められて自宅でシャワーを浴びている間に亡くなりました。
のりちゃんさんのお気持ちが よくわかります。

もう気づいていらっしゃると思いますが、お母様はあなたの気持ちはご存じだし、今もあなたの側に時々いらして見守ってくださっていますよ。

私は何の宗教的な背景は持っておりませんので説得力はないのですけど、今でもそう感じることがあります。

色々な家庭環境がある中で、お姑さまをこのように忍ぶことができるのは、あなたも私も幸せですね。

投稿: カニまま | 2019/08/11 07:06

カニままさん コメントありがとうございます。

ダンナのお母さんが亡くなってもう過ぐ5か月、ワタシの母が亡くなってもう過ぐ4か月となります。
現在ダンナの母宅の片付け(賃貸なので近々退去)に追われていますが、時々ダンナの母が書いたものなどを見つけると「お母さんの姿」を思い出します。
時には色々話してくれ、話が出来ない時には主人から色々聞いていました。
双方の母が亡くなった時には最後に「ありがとうございました。」と声を出して送り出しました。

きっと、双方の母はワタシ・旦那の姿をどこかで見ていることと信じています。
今は双方の母の姿に追いつけるよう、日々精進しています。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2019/08/12 10:51

のりさん。ご実家のお母様もお亡くなりになっていたのですね。
お二人のお母様に 心からお悔やみ申し上げます。
私は今まで年齢不詳で生きてきて、ブログにも最近になって年齢のわかるような話を始めた往生際の悪い人間ですが。最近は自分自身の人生の終わり方を考えるようになりました。

人は機械と同じで、長く使っていると部品が順番に古くなって使い難くなってきます。
替えられない大切な部品が壊れたら、ほかの部品が新しくても機械は動かなくなるし。部品が古くても長持ちする機械もありますよね。
私の部品も最近、思いがけないところが壊れたりし始めたので、大切に使わなければと思います。

ウチは実家の母も夫の母も、時期は違いますが89歳で旅立ちました。
令和も見せてあげたかったけど、2人とも言いたいことを言えた人で、幸せな人生だったかな?と最近思います。

のりさんのお母様たちも、あなたのように忍んでくださる娘がいてお幸せですね。

夫が母が亡くなった後に寂聴さんの本を買ってきました。
ちょっと今、見当たらないのですが、この世と亡くなった人たちの世界は襖1枚で仕切られているような、隣り合った世界だ。というようなことが書いてありました。
それを私も読んで、寂しさが少し埋まりました。

そうは言っても、私もまだ、夫の母が得意料理を解説しながら作ってくれた様子をカセット・テープに録音してあるのですが、それを10年以上経っても聞けませんが。

のりさんのおかげで、久しぶりで母たちの話ができました。
どうもありがとうございました。
長くなってごめんなさい。

お疲れが出ませんように、ご自分の健康にもご留意くださいね。

投稿: カニまま | 2019/08/18 11:06

カニままさん コメントありがとうございます。

このブログの内容からお母様のお話が出来て、ワタシも嬉しく思います。
奇しくも2日後にワタシの誕生日を迎えますが、今年から2人の母に報告出来なくなりました。
毎年「おめでとう」とメールや電話でメッセージを受けていましたが、それがなくなるとちょっと寂しい…かもしれません。
現在ダンナのお母さん宅退去にむけての片付けに追われていますが、もう少し時間がたてば(忙しさが抜ければ)きっと2人の母のコトを改めて思い出すかもしれません。

ワタシの住む札幌では、昨日からちょっと涼しくなってきました。
健康には気を付けます。

投稿: のりちゃん@管理人 | 2019/08/19 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」って言えずに・・・:

« 今週の中島公園ボート池(3/12) | トップページ | 少し落ち着きましたが。 »